学びコンテンツ

ホーム » 学びコンテンツ » 相続を記事で学ぶ » 遺言のポイント4

相続を記事で学ぶ

遺言のポイント

vol.4 遺言の種類

そもそも遺言とは

分の財産を「誰に」「何を」「どれだけ」のこすかを決めることができる文書。

自分に万一のことが起こったときのため、大切な人に伝えておくことを書き残す「エンディングノート」は、遺言とは異なり、法的能力はありません。ただし、次のようなメリットがあります。

  • 遺言の形式にとらわれずに遺族に思いを伝えることができる
  • 遺言の作成前に書くことで、自分の思いや考えを整理できる
遺言の特徴
  • 法定相続分とは異なった財産の分け方ができる
  • 法定相続人以外に財産がのこせる
  • いつでも何度でも書き直せる
  • 満15歳以上で意思能力があれば、誰でも書くことができる
  • 法律で定められた形式にのっとっていない遺言は無効となる
  • 2人以上が1つの遺言を作成すること(例:夫婦で連名で遺言を作成)はできない
遺言にはどんなものがある?

一般的な遺言には、大きく言って自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類があります。

自筆証書遺言と公正証書遺言の違い
遺言の種類 自筆証書遺言 公正証書遺言
作成者 遺言者本人 遺言者本人・公証人
作成方法 全文を遺言者本人が直筆で書く 遺言者が公証役場へ出向き、二人以上の証人の立ち会いのもと、遺言者の口述に基づき公証人が作成する
署名・押印 本人 本人・証人・公証人
費用 無料 作成手数料がかかる
検認 相続開始時に、家庭裁判所で相続人全員立ち会いのもと、遺言の開封と、遺言内容の検認が必要 なし
保管 どこでも 公証役場
メリット ・手軽に、誰でも作成できる
・遺言を書いたことも、その内容も秘密にできる
・偽造や紛失の心配がない
・相続発生後、検認がいらず、すぐに相続手続きができる
デメリット ・形式不備で無効になる可能性
・発見されない可能性
・相続手続きまでに2〜3カ月かかる
・費用がかかる
・証人に遺言内容がわかる

相続でお悩みの方は、相続セカンドオピニオンサービスをご利用ください。

お問い合わせ・ご相談お申し込み
※ご利用頂くには、当サイトへの会員登録が必要です。
※本サービスは現時点では、東京都・大阪府のみのサービスとなります。
サービスの詳しい内容はこちら → サービス紹介

会員ログイン

メールアドレス

パスワード
ログインする