学びコンテンツ

ホーム » 学びコンテンツ » 相続を記事で学ぶ » 遺言のポイント8

相続を記事で学ぶ

遺言のポイント

vol.8 公正証書遺言の作成費用は?

公正証書遺言の作成費用は、次の3つによって決まります。

  • 相続人ならびに受遺者の人数
  • 相続人ならびに受遺者の1人あたりの財産額
  • 原本・正本・謄本の枚数
手数料の基準
のこす財産の額(時価) 手数料の額
100万円以下 5000円
100万円を超え、200万円以下 7000円
200万円を超え、500万円以下 1万1000円
500万円を超え、1000万円以下 1万7000円
1000万円を超え、3000万円以下 2万3000円
3000万円を超え、5000万円以下 2万9000円
5000万円を超え、1億円以下 4万3000円
1億円を超え、3億円以下 4万3000円に、残す財産5000万円ごとに1万3000円を加算
3億円を超え、10億円以下 9万5000円に、残す財産5000万円ごとに1万1000円を加算
10億円を超える 24万9000円に、残す財産5000万円ごとに8000円を加算

※全体の財産が1億円以下のときは、1万1000円を加算
※原本・正本・謄本作成に必要な用紙の枚数分(原本は4枚より多い場合)につき、1枚250円を加算
※公証人に出張を求めた場合は、割増料金分も加算

作成手数料の一例

※原本・正本・謄本作成料は除く

【例1】遺言に記された財産の総額が1000万円で、それを1人が単独相続する場合

1万7000円+1万1000円=2万8000円

【例2】遺言に記された財産の総額が1000万円で、それを2人が均等相続する場合

1000万円÷2人=500万円(1人あたり残される額)
1万1000円×2+1万1000円=3万3000円

相続でお悩みの方は、相続セカンドオピニオンサービスをご利用ください。

お問い合わせ・ご相談お申し込み
※ご利用頂くには、当サイトへの会員登録が必要です。
※本サービスは現時点では、東京都・大阪府のみのサービスとなります。
サービスの詳しい内容はこちら → サービス紹介

会員ログイン

メールアドレス

パスワード
ログインする