学びコンテンツ

ホーム » 学びコンテンツ » 相続を記事で学ぶ » 遺言のポイント10

相続を記事で学ぶ

遺言のポイント

vol.10 遺言信託とは?

遺言信託とは、遺言に関する事前の相談から、公正証書遺言の保管、遺言の執行までを総合的にサポートする業務のことです。信託会社が遺言の執行者となることで、遺産配分などを遺言通りに確実に実行できるメリットがあります。

遺言信託の流れ

遺言信託は、大体次のような流れで行われます。

遺言者の生前
①遺言についての事前相談
②公正証書遺言作成のサポート
③遺言の保管・管理
④遺言保管期間中の異動・変更などに関する定期的な照会
遺言者の死亡後
⑤遺言者が指定した通知人が、信託会社に死亡を通知
⑥遺言書の開示
⑦遺言執行者就任の通知
⑧遺産調査、財産目録の作成・交付
⑨遺言の執行
⑩遺言執行終了の報告

※一般的に、遺言信託の業務には、相続人の廃除や相続権に絡む子の認知などは含まれません
※相続人の遺留分を侵害する遺言など、トラブル発生の可能性が高いものも利用できない場合があります

遺言信託の費用

信託会社によって異なりますが、おおむねの目安は以下の通りと言われています。

契約時の手数料
約30万円〜50万円
遺言の保管料
年間約5000円〜1万円
遺言の内容変更手数料
約5万円〜10万円
遺言執行の報酬
おおむね相続財産の0.5%〜2%程度(相続財産の額によって変わる。最低報酬が100万円〜150万円程度。)

※これらに加えて、公正証書遺言作成費用、不動産登記簿謄本・戸籍謄本などの請求費用も発生します

相続でお悩みの方は、相続セカンドオピニオンサービスをご利用ください。

お問い合わせ・ご相談お申し込み
※ご利用頂くには、当サイトへの会員登録が必要です。
※本サービスは現時点では、東京都・大阪府のみのサービスとなります。
サービスの詳しい内容はこちら → サービス紹介

会員ログイン

メールアドレス

パスワード
ログインする