学びコンテンツ

ホーム » 学びコンテンツ » 相続を記事で学ぶ » 遺言のポイント11

相続を記事で学ぶ

遺言のポイント

vol.11 特別受益と寄与分

特別受益とは

特別受益とは、ある相続人が被相続人から生前贈与や遺贈を受けている場合、相続分を計算する際にはその分を考慮し、相続人間での不公平をなくす制度です。
生前贈与などを受けている相続人を特別受益者といいます。

特別受益となる生前贈与の種類
①婚姻のための贈与
(例)結婚の際に持参金/支度金をもらった
②養子縁組のための贈与
(例)養子縁組の際に持参金/支度金をもらった
③生計の資本のための贈与
(例)学費/事業資金/住宅取得資金などを援助してもらった
※生命保険は特別受益にはあたりませんが、保険金受取人とほかの相続人との間に不公平が著しい場合は特別受益と見なされます(保険金額や、それが遺産に占める割合、保険金受取人とほかの相続人や被相続人との関係などを基準に判断される)
相続分の計算方法の一例

3人の兄弟のうち、長男だけが1500万円の生前贈与を受けていて、3人兄弟にのこされた遺産が6000万円の場合

500万円+6000万円=7500万円
7500万円÷3人=2500万円
長男の取り分 2500万-1500万=1000万円
残り2人の兄弟各々の取り分 (6000万円-1000万円)÷2=2500万円
寄与分とは

被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与(貢献)があった相続人は、その寄与に値する分(=寄与分)が相続分に加算されます。

特別な寄与とみなされるもの
①被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付
②被相続人の療養看護
③その他
※「特別な寄与」なので、妻として貢献した場合やすでに対価を得ている場合は対象外となります
※寄与分の価格は相続人同士の話し合いで決め、話がまとまらない場合は、寄与者の請求に基づき、家庭裁判所が決定します
相続分の計算方法の一例

3人の兄弟に対する遺産が5000万円で、被相続人の看護をした長女に500万円分の寄与を認めた場合

5000万円-500万円=4500万円
長女以外の2人の兄弟の取り分 4500万円÷3人=1500万円
長女の取り分 1500万円+500万円=2000万円

相続でお悩みの方は、相続セカンドオピニオンサービスをご利用ください。

お問い合わせ・ご相談お申し込み
※ご利用頂くには、当サイトへの会員登録が必要です。
※本サービスは現時点では、東京都・大阪府のみのサービスとなります。
サービスの詳しい内容はこちら → サービス紹介

会員ログイン

メールアドレス

パスワード
ログインする